中国映画で活躍している日本人俳優を紹介!金城武も

こんにちは 猫姫です。

1980年代~高度経済成長に伴い、映画大国へ昇りつめたと言われている中国。

さっそく中国映画で活躍している日本人俳優をご紹介します。

スポンサーリンク

中国映画で活躍している日本人俳優

綾野剛

『破陣子(ハジンシ)』

日中合作ではなく、中国制作映画で単独主演/中国の不条理コメディを映画化。

2019年公開。

壇ノ浦の戦いで海に飛び込み、南宋国境内の村・白虎蕩の海岸にたどり着いた日本の貴族と、南宋の女性の悲恋を描き出す。

引用:eiga.com

  • 監督・脚本:ドン・ティエンイー
  • 出演者:綾野剛、ソン・ジア、ワン・ドゥオ

綾野さんは、『平安ピンアン』という名を与えられた日本の貴族役を熱演し、悲哀の恋の相手はソン・ジア。

ディーン・フジオカ

『ハーバークライシス・湾岸危機BLACK&WHITE EPISODE1』

台湾エミー賞で5部門に輝き、年間視聴率1位を獲得/台湾版・相棒といえる人気刑事アクションドラマを映画化。

2012年公開。

熱血刑事のインションが、国家をあげての大掛かりな陰謀に巻き込まれチンピラのダーフィとコンビを組み陰謀に立ち向かう。

  • 監督・脚本:ツァイ・ユエシュン
  • 出演者:マーク・チャオ、ホァン・ボー、ディーン・フジオカ

『夢の向こう側ROAD RESS TRAVERED』

『流星花園 花より団子』で人気を集めたヴァネス・ウー出演、イップマン葉門のサモハンキンポーほか。

2013年公開。

音楽に賭ける若者たちが紆余曲折を経てスターへの道を駆け上がって行く姿を描く。

  • 監督:セブン・リー
  • 出演者:ヴァネス・ウー、ジミー・ハン、ディーン・フジオカ

金城 武

金城武さんは、国籍は日本ですが台湾の台北市出身の俳優です。父は日本人で母は台湾人のハーフ。

現在の情報だと独身。

語学堪能(中国語、英語、日本語)

身長:180cm

生年月日:1973年10月11日

血液:O型

活動:1989~

90年代後半から日本のドラマや映画で顔を知られるようになりますが、活躍の場は台湾のアイドル時代を始め、

2006年トニーレオンと共演した『傷だらけの男たち』は、ハリウッド映画によるリメイクが決定。

1998年アジア人初、プラダのワールドキャラクターに抜擢、2008年エンポリオ・アルマーニの広告塔に起用され、その契約料は1憶円超えなのだとか。

【主な出演映画】

  • 1994 恋する惑星
  • 2004 LOVERS
  • 2005 ウィンター・ソング
  • 2007 ウォーロード・男たちの誓い
  • 2008 レッドクリフ

最近の映画では、レッドクリフが有名ですね。アジアを代表するトップスタートニー・レオン、日本人俳優の中村獅童も出演しています。

まとめ

今作に向け、肉体作りと中国語のセリフに挑戦した綾野剛さん。海外映画に初進出し日本を代表する俳優へと成長していく姿を応援していきたいですね。

次回は中国で活躍している日本人女優をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする