ティラースウィフト2020年日本公開映画キャッツ出演!役柄や予告歌は?

こんにちは 猫姫です。

ティラースウィフト主演♡2020年日本・公開映画「キャッツ」!

都会のごみ捨て場を舞台に、人間に飼い慣らされることを拒否した猫たちが歌と踊りを繰り広げるさまを描くミュージカル映画です。

今回は、ティラーの役柄や予告歌をまとめました。

スポンサーリンク

ティラースウィフト 映画キャッツ出演!

「キャッツ」は2019年アメリカ合衆国のミュージカル・ファンタジーコメディドラマ映画で

「ポッサムおじさんの猫と付き合う方」に基づいた同名のミュージカル劇を原作としています。

キャッツといえば、日本での劇団四季でお馴染みの猫たちが主役のミュージカルですね♬

12月20日にユニバーサル公開しますが

スウィフトが出演決定という事で日本のSwifties達は公開まで待ちきれないとドギマギしてますが、日本公開は2020年1月の来年です…待ち遠しいですね。

ティラースウィフト役柄は?

ティラースウィフト2020年日本公開映画キャッツ出演!役柄や予告歌は?

(出典:instagram:com)

キャッツ-ティラーの役柄は、ボンバルリーナというセクシーな大人の女王猫を演じます。

クールで色っぽく、女である事を武器にできるセクシーな薄い黄色の身体に、赤みがかかった猫。

ボンバルリーナは猫の名前で、ブロードウェイ・ミュージカル版では、赤いメス猫リーダーで、メスの憧れの的である魅力的な

オス猫ラム・タム・タガー(ジェイソン・デ・ルーロ)に恋心を抱いている様子が描かれています。

今作の映画版でも恋模様が描かれる可能性もあるかも!

また、キャストがデジタル技術で猫化していて、可愛い猫からドジでまぬけなふとっちょ猫(ジェームズコーデン)まで勢揃い。

あのジェイソン・デ・ルーロやジェニファー・ハドソンなど豪華キャストが猫、猫、猫様に扮しダンスを軽快に踊るシーンや

テイラーが演じるボンバルリーナが、どんなビジュアルになるのか楽しみですね。

キャッツの予告歌!

キャッツ予告編で流れている曲は、「メモリー」。

歌っているのは、映画「ドリーム・ガールズ」でアカデミー賞を受賞したジェニファー・ハドソンです。

ドリーム・ガールズでは、ビヨンセと並びその歌唱力が認められアメリカの劇場では、客がラストにスタンディングして拍手喝采を浴びたほどの実力者と言われています。

確かにあの歌声に、わたしも鳥肌がたったのを覚えているな~。

最後に

いかがでしたか?

猫好きなティラーが扮するボンバルリーナ!

可愛いセクシー女王演じる猫様ティラーを見るまでもう少しですよ♬。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする