映画『チャイルドプレイ2019』あらすじと感想!劇中で歌っている声は?

映画『チャイルドプレイ2019』は、殺人人形チャッキーの恐怖が描かれたホラー!シリーズ8作目を迎え、今でも多くの根強いファンを持つ傑作ホラーシリーズが再び現代に蘇ります。

スポンサーリンク

映画『チャイルド・プレイ2019』作品情報

映画『チャイルドプレイ2019』あらすじと感想!劇中で歌っている声は?

出典:amazon.co.jp

【日本公開】

2019年7月19日

【タイトル】

原題:Child’s Play.

【監督】

ラース・クレヴバーグ

【脚本】

タイラー・バートン・スミス

【原作者】

ドン・マンシーニ

【作品概要】

1988年の第1作以降、チャイルドプレイ・シリーズ通算8作目のリブート作品/映画『ITそれが見えたら終わり』の制作陣を迎え現代版として映画化。

2019年公開。

これまでのシリーズは人間の魂が乗り移る設定でしたが、今作はハイテク機能を搭載した人形チャッキーが暴走します。

出演は、オーブリー・プラザ、ガブリエル・エイトマン、マーク・ハミル(チャッキー声)ほか。

映画『チャイルド・プレイ2019』あらすじ

引っ越し先で友達がいないアンディーは、誕生日に母から人形をプレゼントされます。

その人形は、最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品バディ人形。

音声認識センサーやカメラ、ハイテク機能が搭載され最先端の技術が盛り込まれていましたが実は欠陥品だと判明。

アンディは『君が一番だよ』と話す人形チャッキーに夢中になるが、暮らしていくうちに周辺に次々と惨事が起こり始め…。

映画『チャイルド・プレイ2019』主要キャスト

  • オーブリー・プラザ/カレン
  • ガブリエル・ベイトマン/アンディ
  • ブライアン・タイリー・へンリ/マイク・ノリス刑事
  • マーク・ハミル/チャッキー(声)

映画『チャイルド・プレイ2019』ネタバレと感想

<KAMOさん>

アンディの母は、会社で返品にあったバディ人形のチャッキーを息子のために譲り受けます。

アンディは、耳が悪く器具が必要で友達はいません。そんなときにチャッキーをプレゼントされます。

チャッキーは日々学んでいくのですが、ある日アンディが楽しそうに残虐な映画を見て笑います。チャッキーは残虐なことはアンディを喜ばせると認識してしまいます。

アンディは、母の彼氏にはあまりよく思われていませんでした。

そこでチャッキーは、アンディのために彼氏を殺しますが、アンディに喜ばれずチャッキーは暴走し始めアンディは殺されそうになります。

<NORIさん>

なんと今回のチャッキーはAI機能搭載のハイテク人形です。

今までのような、人形が動いて喋るから怖いという設定は初めから一切なしの、歌って踊れるアクティブチャッキー。

しかもチャッキーの顔がなんか違う。歴代チャッキーの面影すら無くなった人形に違和感を覚えてしまいました。

そして作品の雰囲気もこれまでのシリーズとは全く別物。

チャッキーファンの私としては納得のいかない部分もありましたが、一つの映画としては内容もしっかりしていて面白かったです。

ホラーというよりもコメディー要素が強いです。

<TAKAさん>

こちらの映画の感想といたしましては、ある主人公がもらった人形はすごくハイテクで、その人形が少し変わっていてどんどん暴走してしまうと言うストーリーになります。

チャイルドプレイのシリーズは何作品も見ているのですが、今回は普通の人形ではなくハイテクの人形ということで、今っぽさがあってすごくリアルでした。

また、今作は前作ほどのドキドキするような怖いシーンはそれほどなかったので残念だったのですが、人間模様がきちんと描かれていたのには感動しました。

映画『チャイルド・プレイ2019』劇中で歌っている声は

劇中、後半でなんとも怪しい声でチャッキーが歌っています。

歌っている人物は、チャッキーの声を担当しているマーク・ハミル

マーク・ハミルといえば『スターウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役で出演していますね。1977年公開の『スターウォーズ・エピソード4』でデビューを飾りました。

現在68歳。既婚者で子供が二人。

現役で声優、俳優と今もなお活躍しています。

彼の生い立ちをググってみると、お父さんが海軍の軍人さんで転勤が多く、日本の横浜市中区の米軍区域内にあったハイスクールへ2年ほど通っていたそうです。

日本語のほうは…。。。

まとめ

映画『チャイルドプレイ 2019』の評価は半々で、今作は前作の続編ではないので人形に人の魂が乗り移る設定ではないのが、残念に思える声と

ハイテク機能AIを搭載したチャッキーが一緒に遊んでいるところが可愛かったり、切なかったりと愛着沸いてくる声も多々あがりました。

わたしは、両者とも面白く今回は前作よりさほど残忍なシーンがないほうなので、個人的に見やすかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする