シティポップが海外で人気?1970年代~1980年代の楽曲ブーム到来!

こんにちは 猫姫です。

いま、巷で日本でリリースされた名曲が海外での評価が高く、多くの著名人や外国人の間でブームの『シティポップ』!

それでは、ブームのきっかけや人気楽曲を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

シティポップとは

1970年代後半から1980年代にかけて日本でリリースされ流行したポピュラー音楽。

主に、1980年代に流行し 歌詞もオシャレで洗練された雰囲気のある『都会派ポップス』というように解釈されています。

その他に、曲のタイトルがアルファベット&カタカナ表記が特徴といえます。

もも猫
もも猫
なんとなく、理解できたかな?

シティポップは海外で人気?

YOU-TUBEをきっかけに70年代~80年代の日本のポップスに出会い愛好するファンが増加しているのだそう。

シティポップの人気は、『ヴェイパーウェィブ』という音楽ジャンルも関係していて主に『80年代の楽曲をサンプリングして制作』された事がきっかけとなり

サンプリングの元のルーツを模索する人達が増え『日本のポップスの原曲に気づき、ファンになる』というような感じです。

やや、解釈が難しいですね。

ヴェイパーウェィブ:2010年代初頭にウェブ上の音楽コニュニティーから生まれた音楽ジャンル。

引用:wikipedia

人気のあるシティポップ 日本人アーティスト

松任谷由実:パールピアス

ユーミンの13作目のアルバム。

1982年日本レコード大賞ベストアルバム賞を受賞、ユーミン自身も好きなアルバムと言われています。

竹内まりや:プラスティック・ラブ

1984年に発売されたアルバム『VARIETY』の中の収録曲、作詞作曲を本人が手がけています。

山下達郎:FOR YOU

1982年に発売された通算6作目のスタジオアルバム。

大貫妙子:サンシャワー

松原みき:真夜中のドア~Stay With Me

こちらは海外でも人気のあるシティポップアーティストの名曲なのでぜひ聞いてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

シティポップというとまだ若い世代には聞きなれないかもしれませんが、1980年代~の日本ポップスに懐かしさを込めて一度は聞いてみてくだいね。

現代の音楽とは違う良さが発見できるかも(⋈◍>◡<◍)。✧♡

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする